2015.06.09更新

 たとえば,夫が浮気をした場合,妻は夫の浮気相手にも慰謝料を請求することができますが,このとき発生する慰謝料は,「夫+浮気相手」で合計いくらと考えます。

 

 ですから,夫が先に慰謝料を払い,次に浮気相手が慰謝料を請求された場合,浮気相手に対する慰謝料は夫が払った分に応じて減額されることになります。

 

 浮気は当事者2人で一緒に行ったという考え方です。

投稿者: 弁護士 野澤哲也