2015.06.15更新

 子どもが「鑑別所に行ったことがある」というのと「少年院に行ったことがある」というのでは意味が全く異なります。

 

 鑑別所というのは,期間がおおよそ4週間と決まっており,少年審判を受ける場合,鑑別所で調査を受けることは珍しくありません。一言で言えば,鑑別所は,少年審判の準備のために調査を受ける場所です。

 

 対して少年院というのは,期間は4ヶ月から1~2年と長くなり,少年審判を受けてから行く更生施設になります。

 鑑別所に行っても,少年院に行かない場合は多く,一言で言えば,少年院は,少年審判の結果,責任が重い場合に,徹底した指導教育を受けて更生するために行く場所です。

 

 意外と正しく理解されていない知識です。

 

>>弁護士野澤の少年問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也