2015.06.11更新

 不貞の慰謝料を請求する場合,証拠が必要です。

 

 証拠としてよく使われるのは,メールや手紙のほか,ホテルに出入りしている写真,会話の録音などです。探偵を雇うことにより,写真などの証拠を集めることもあります。相手に「不貞なんかしていない」と白を切られないように,証拠はしっかりと押さえておかなければなりません。

 

 中には,「確かにホテルには行ったけど何もしていない」と反論をされることがありますが,大人の男女が二人でホテルに入った場合,一般的に不貞があったと考えて間違いありません。司法の場で,このような反論は簡単には通りません。

 

 とにかく証拠が大切です。

 

>>弁護士野澤の離婚問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也