2015.06.16更新

 求人票では月給20万円と書かれていたのに,実際に働いたら給与明細で月給17万円となっていた,こんなことが起こりえます。

 

 会社は,求人票や求人広告で月給を示しますが,一般的には,これは見込額とされており,必ずこの条件で雇わなければならないわけではありません。会社と労働者は,面接などを経て「雇用契約書」を交わしますが,ここに記載のある月給額が正式な金額となります。書面になっていればよいですが,口頭の場合もありますので,トラブルを防止するためには,入社前に正式な月給額を確認しておきましょう。

 

>>弁護士野澤の労働問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也

ご予約はこちらから

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート