2015.07.24更新

 交通事故に遭うと,むち打ち症という症状になることがあります。診断書では「頸椎捻挫」と書かれることが多く,要は首の痛みです。

 

 しかし,このむち打ち症は,自分でどれだけ酷い痛みだと思っていても,レントゲンやMRIなどの画像では異常が出ないため,後遺障害と認定を受けるためには,医者の裏付け意見が必要になります。医者にそれなりのテストをしてもらい,神経学的所見を出してもらう必要があります。

 

 詳しくは,ご相談ください。

 


>>弁護士野澤の交通事故問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也