2015.09.26更新

 我々弁護士の仕事は、トラブルが起きたときに法的に解決するために交渉や裁判をしたり、紛争が起こらないように契約書や遺言書を作成したり、企業や個人のリスクマネジメントをしたり、多岐にわたります。

 

 法律の知識を駆使した仕事になりますが、社会のルールに精通し、社会的に認知された立場から、事業活動、社会貢献活動などにも主体的に関わることがあります。

 

 とある先輩経営者から言われた言葉です。

 

 「大きな報酬を取ろうとして仕事をするのではない。大きな仕事をしたら、それが認められて相応の報酬が手に入るのだ」。

 

 ここ横浜・関内の地から、地域、国、世界に役立つ仕事をしたい。

 弁護士として、社会に役立つ大きな仕事をしてみたい、そんなことを考える毎日です。

投稿者: 弁護士 野澤哲也