2015.12.15更新

 「運送会社に勤めていますが,勤務中に交通事故を起こしてしまい,被害者に怪我をさせてしまいました。被害者から損害賠償を求められていますが,会社から,その全額を私が支払うよう言われています。応じなければなりませんか」

 

 

 

 勤務中の事故の場合,いくら従業員に過失があっても,被害者は会社に対して,直接損害賠償を求めることができます

 

 勤務中に起きたことには会社が責任を持つべきだからです。

 

 ですから,被害者に対して,直接全額支払えと言われても,従業員には応じる義務はありません

 

 

 

 ただし,会社が被害者に賠償した場合,その賠償金の一部を従業員が負担を求められたら,応じる義務があります。

 

 以前のブログ「従業員の賠償責任(会社に対して)」でご説明したとおり,いくら従業員に過失があっても,従業員がその全額を必ず負担する必要はありませんが,一定の範囲での責任は免れないと考えられます。

 

 その責任の内容は,事情に応じて千差万別ですので,下記リンク先をご確認いただき、個別のご相談は直接弁護士野澤までお気軽にご連絡ください。

 

 

従業員の賠償責任(会社に対して)

 

 >>弁護士野澤の労働問題に関する情報はこちら

 

電話 045-663-6933

メールアドレス nozawa@shiminsogo-lo.gr.jp

投稿者: 弁護士 野澤哲也