2015.12.01更新

 家族ではないから,相続はさせられないけど,大変お世話になった人だから,自分が死んだら,自分の財産を一部あげたい。

 

 このようなことを考える方は多く,遺言書が活用されていますが,遺言書に書かれた人が先に亡くなったら,注意が必要です。

 

 

 

 民法は,遺言を書いた人よりも先に,財産を受け取るべき人が亡くなった場合,その部分について遺言は無効になると定めています。

 

 でも,そのときは,別の人に財産を渡したい。そんなときには対策が必要です。

 

 

 

 一つは,遺言書に「もし,その方が先に亡くなったら,●●さんにあげます」と明確に記載してしまうことです。

 

 

 

 もう一つは,遺言書ではなく,死因贈与契約を相手と結びます。こうすると,相手が先に亡くなっても無効にはなりません。

 

 ただし,この場合には,財産を受け取る権利は,相手の相続人に移ります。

 

 

 

 遺言を書く場合には,様々な事態を想定して書かなければなりませんし、それぞれ個別に対応が必要です。

 

 遺言を書きたいと思ったら,まずは弁護士野澤哲也にご相談ください。

 

>>弁護士野澤の相続問題に関する情報はこちら

 

電話 045-663-6933

メールアドレス nozawa@shiminsogo-lo.gr.jp

投稿者: 弁護士 野澤哲也

ご予約はこちらから

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート