2015.12.27更新

「夫から,『お前はお金も稼げないバカだ』,『俺がいないと生けていけないのだから,俺に従え』などと日々言われており,精神的に辛く,もう一緒に生活していけません。暴力は振るわないのですが,夫と離婚できるでしょうか?」

 

 

 

 夫が離婚に応じない場合には,裁判所の手続で離婚を認めてもらうことになりますが,その際には,「婚姻を継続しがたい重大な理由」が必要となります。

 

 まず,「身体的暴力」があれば,典型的なDVですので,裁判所の理解は得られやすいと言えます。

 

 これに対して,今回のご質問のような場合を「精神的暴力」もしくは「モラルハラスメント」と言います。

 

 相手の人格を否定するようなモラルに外れた言動をすることで,相手を精神的に痛めつける行為です。

 

 これも,裁判所に理解してもらうことで,離婚を認めてもらう理由となり得ます。

 

 

 

 

 ただし,これを裁判所に認めてもらうためには,証拠が必要です。

 

 身体的暴力であれば,アザの写真を撮れば,それだけでも重要な証拠になりますが,「精神的暴力」の傷は写真で撮れません。

 

 また,精神的暴力の場合は,たった1回,その発言があったからといって,「口論になってカッとなって言ってしまった」と反論されてしまうと意味がありません

 

 ポイントは,「どのような発言」を「どんな頻度」で「何回」言われたか,という点にあります。

 

 これを,日記などで良いので,記録しておくのが一番です。

 

 ICレコーダーで録音を撮れればベストです。

 

 

 

 身体的暴力の場合のように明確な証拠を作りにくい分,日々の小さな積み重ねが重要になります。

 

 精神的暴力でお困りの方は,具体的な対応について,是非弁護士野澤哲也にご相談ください。

 

 >>弁護士野澤の離婚問題に関する情報はこちら 

 

電話 045-663-6933

メールアドレス nozawa@shiminsogo-lo.gr.jp

投稿者: 弁護士 野澤哲也

ご予約はこちらから

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート