2016.02.27更新

「突然,解雇するから明日から出社しなくてよいと言われました。納得できませんが,解雇予告手当はもらいたかったので,とりあえず解雇予告手当をもらえれば出社はしないと答えました。解雇が違法だと争いたいのですが,この対応でよいのでしょうか。」

 

 

 

 解雇すると言われて,納得できる理由がありますか?

 

 

 

① 納得できる理由がない場合

 

納得できる理由がなければ,必ず「解雇には納得できません」と言いましょう。

 

できれば,「解雇には納得できません。明日も出社させてください」とまで言えればベストです。

 

もし,このように言わず,「分かりました。明日から来ません」と言ってしまうと,次の日から働く意思がなかったものとされ,仮に解雇が違法で後から取り消すことができるとしても,解雇された後の賃金がもらえなくなってしまいます。

 

また,解雇された場合には解雇予告手当が支給されますが,これは普通に受け取ってしまって構いません。

 

 

 

② 納得できる理由がある場合

 

 


自分が解雇されても仕方ないと思っても,弁護士の立場から見て,本当に解雇するほどことか,微妙なケースは多々あります。

 

解雇に思い当たる節があったとしても,本当に解雇を受けざるを得ないかは,一度専門家にご相談をされることをお勧めします

 

諦めない道があるかもしれません。

 

 

 

③ 解雇理由証明書

 

 


自分がなぜ解雇されてしまったのか,この理由を会社は必ず明らかにしなければなりません。

 

具体的に,いつどこで何をしたから解雇されたのか。

 

解雇が正しいのか正しくないのか,そのスタートはこの解雇理由に始まります。

 

解雇と言われたら,必ず解雇理由証明書の発行を会社に求め,それをもって専門家に相談しましょう。

 

>>弁護士野澤の労働問題に関する情報はこちら 

 

 弁護士野澤哲也は労働事件を数多く手がけています。

 

 いつでもお気軽にご連絡ください。

 

 最後まであなたをサポートします。

 

電話 045-663-6933

メールアドレス nozawa@shiminsogo-lo.gr.jp

投稿者: 弁護士 野澤哲也

ご予約はこちらから

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート