2015.06.13更新

 殴られる,蹴られるという暴力はないけれど,言葉による暴力やお金を渡さないという嫌がらせが繰り返される,そのような行為は,精神的暴力と言われたり,モラルハラスメントと言われます。このような行為も離婚の理由となりえます。

 

 ただ,この場合には殴られてアザができたりと,明確な証拠が残りにくく,証拠を示すのが大変です。できれば言葉をICレコーダーなどで記録しておきたいところです。

 

 それが難しい場合,日記をつけてみましょう。ポイントは「どんな言葉」を「いつ」,「どこで」言われるか,それはどのくらいの頻度(1日何回,週何回,月何回)なのか,それをこまめ日々記録することです。

 

 暴力はいつ起こるか分かりません。事前に準備ができればよいですが,そういう場合ばかりではありません。何か起きてからでも,焦らずに,諦めずに,資料を残していきましょう。それが重要です。

 

>>弁護士野澤の離婚問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.06.12更新

 不貞行為による慰謝料はいつまで請求できるか。答えは不貞行為があってから「3年」です。

 

 不貞が何度もあった場合には,最後の1回から起算します。

 証拠がなければ最後の1回がいつか分かりませんから,証拠がある最後の1回から3年と考えることになります。

 

 不貞の結果,離婚した場合,その離婚のときから3年という考え方もできます。

 ただ,現実には,3年も経ってから請求するより,証拠が固まった時点で請求する方が記憶も新しく,手続きがスムーズに進むと思われます。

 

>>弁護士野澤の離婚問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.06.11更新

 不貞の慰謝料を請求する場合,証拠が必要です。

 

 証拠としてよく使われるのは,メールや手紙のほか,ホテルに出入りしている写真,会話の録音などです。探偵を雇うことにより,写真などの証拠を集めることもあります。相手に「不貞なんかしていない」と白を切られないように,証拠はしっかりと押さえておかなければなりません。

 

 中には,「確かにホテルには行ったけど何もしていない」と反論をされることがありますが,大人の男女が二人でホテルに入った場合,一般的に不貞があったと考えて間違いありません。司法の場で,このような反論は簡単には通りません。

 

 とにかく証拠が大切です。

 

>>弁護士野澤の離婚問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.06.09更新

 たとえば,夫が浮気をした場合,妻は夫の浮気相手にも慰謝料を請求することができますが,このとき発生する慰謝料は,「夫+浮気相手」で合計いくらと考えます。

 

 ですから,夫が先に慰謝料を払い,次に浮気相手が慰謝料を請求された場合,浮気相手に対する慰謝料は夫が払った分に応じて減額されることになります。

 

 浮気は当事者2人で一緒に行ったという考え方です。

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.06.08更新

 夫や妻が不貞をしたから慰謝料を請求したい。それでは慰謝料の金額は何で決まるのか。一般的には,結婚していた期間,夫婦関係,不貞行為が続いた期間,不貞行為の程度などによって決まります。結婚していた期間が長く,不貞期間も長い場合には金額が大きくなり,夫婦関係の状況や不貞行為の程度によっては減額もありえます。

 

 金額の目安は,一般的には100万円から数百万円程度です。

 

 また,慰謝料は「精神的苦痛」に対して支払われるものですが,感覚の問題ですので,人(裁判官など)によって判断が異なる場合があります。

 

 さらに,相手の経済的事情により,多く認められたり,少なく認められるケースもあります。単純に不貞した人にお金がある場合には,慰謝料が大きく認められるケースがあるということです。

 

>>弁護士野澤の離婚問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也

ご予約はこちらから

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート