2015.09.03更新

 元妻に養育費を支払っているが,その元妻が再婚して,子どもは新しい父親と暮らしている。元妻は経済的にはこれまでより楽になったのに,自分がこれまで支払っていた養育費をそのまま支払続けなければいけないか。

 

 この点については,もし再婚相手と子どもが養子縁組をしていれば減額を請求できるが,再婚相手が子どもと養子縁組をしていなければ減額を請求できない,と一般的に考えられています。

 

 養子縁組をしていなくても,再婚相手と子どもが一緒に暮らして,お金も出してもらっていることも多いでしょう。それなのに,養子縁組のあるかないかだけで,このような差が生じてしまうのは,個人的には,全くおかしい状況だと思います。

 

 この点は,今後,養子縁組という形式だけではなく,生活実態という面を重視して判断されることを期待したいと思います。

 

>>弁護士野澤の離婚問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

ご予約はこちらから

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート