2015.10.31更新

 人が亡くなった場合,配偶者と子,親,兄弟姉妹には,順番に相続する権利が与えられますが,遺言書により,その順番や相続割合は変更することができます。このような遺言書によっても奪うことができない相続分を特に「遺留分」と呼んでいます。

 

 この遺留分は,一般的に亡くなった方と生計を一つにする相続人の相続権を保証するために設けられた制度です。その趣旨から,兄弟姉妹には遺留分は認められていません。通常大人になれば、全く別の生計を立てているからです。

 

 兄弟姉妹が相続する場合は関係者が多く,相続関係が複雑になることが多いのですが,遺留分がないことから,遺言書により相続を単純明快に解決することが可能になります。

 

 自分の財産は是非遺言書で処分方法を指定しましょう!

 

>>弁護士野澤の相続問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.10.30更新

 自分の祖父が亡くなった場合,まず父が相続をすることになりますが,その時点で父がすでに亡くなっている場合,自分が父に代わり相続をすることになります。これが代襲相続です。

 

 父が存命の場合,まず父が相続して,その父が亡くなれば,父の配偶者である母も相続することになりますが,今回のように父がすでに亡くなっている場合には,子しか相続できません。父の亡くなるタイミングで相続のあり方が大きく変わることになります。

 

 さらに,この代襲相続は家系の下に向かって,繰り返されます。たとえば,祖父が亡くなった時点で,父が亡くなっており,さらにその時点で自分も亡くなっている場合,自分の子が祖父を代襲相続することになります(再代襲)。

 

 このような再代襲は,直系の親族間でのみ発生します。亡くなった方に子どもも親もいない場合には,兄弟姉妹が相続することになりますが,兄弟姉妹の場合にも代襲相続は起きます。しかし,兄弟姉妹の子は,再代襲はできないことになっています。

 

>>弁護士野澤の相続問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.10.28更新

亡くなった方に子どもや親、兄弟姉妹がいる場合,誰がどのくらいの遺産を受け取ることができるかは,法律によって定められています。

 

 まず,子どもの取り分は,亡くなった方に配偶者がいれば2分の1,配偶者がいなければ全部を取得できることになります。子どもが複数いる場合には,その人数で割ります。

 

 次に,親の取り分ですが,親は、亡くなった方に子どもがいない場合にのみ相続できます。その取り分は,亡くなった方に配偶者がいれば3分の1,配偶者がいなければ全部を相続できます。親が2人以上いる場合には,その人数で割ります。

 

 そして,兄弟姉妹は,亡くなった方に子どもも親もいない場合にのみ相続できます。亡くなった方に配偶者がいれば4分の1,配偶者がいなければ全部を相続できます。兄弟姉妹が2人以上いる場合には,その人数で割ります。

 

 なお,遺言を書くことによって,以上の決まりを変更することができます。

 

>>弁護士野澤の相続問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.10.27更新

 親や配偶者,兄弟姉妹が亡くなった場合,相続となりますが,相続の際,誰がどのくらいの遺産を受け取ることができるかは,法律によって定められています。

 

 まず,配偶者(亡くなった方の夫や妻)がいる場合,その配偶者は最初に遺産を受け取る権利を得ます。その配偶者以外に,どのような関係の方がいるかによって,その取り分は以下のように異なります。

 

1.子どもがいる場合:配偶者は2分の1
2.子どもがおらず,親がいる場合:配偶者は3分の2
3.子どもも親もおらず,兄弟姉妹がいる場合:配偶者は4分の3
 

 

 なお,離婚した元配偶者には,相続する権利はありません。日本では重婚が認められていませんので,相続できる配偶者は常に一人だけです。ただし,遺言を書くことによって,以上の法律が定める相続割合を変更することができます。

 

>>弁護士野澤の相続問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也

ご予約はこちらから

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート