2016.03.23更新

「父が亡くなり,兄弟姉妹4人で相続をしましたが,

 

遺産分割協議が10年経ってもまとまりません。

 

そんな中,偶然父の遺言書が見つかり,

 

全て私に相続させるという内容が出てきました。

 

遺留分は父が亡くなってから10年経過したら請求できないと聞いたのですが,

 

私は全て相続できますか」

 

 

 

遺言があって,

 

誰かが全ての財産を引き継ぐとされていても,

 

亡くなった方の配偶者や子,

 

親は最低限の取り分を遺留分としてもらうことができます。

 

 

 

この遺留分は,

 

相続を知ったとき,そして遺留分としてもらう財産があることを知ってから1年以内

 

もしくは遅くとも

 

その人が亡くなってから10年以内に請求をしなくてはなりません

 

 

 

とすれば,今回のご質問のように,

 

遺産分割協議で10年が経過してしまえば,

 

もう遺留分は請求できなくなってしまうように思えます。

 

 

 

しかし,このご質問では,

 

10年が経過してから遺言書が見つかり

 

それで初めて遺留分の話しが出てきました

 

 

 

なのに,これで遺留分を主張できないとしてしまえば,それは

 

遺留分の権利を持つ人にとって大きな不利益

 

になってしまいます。

 

 

 

そこで,実務的には,

 

10年が仮に経過してしまったとしても

 

遺留分が明らかになったときから6ヶ月以内に請求すれば

 

遺留分をもらうことができる

 

と考えています。

 

 

 

とはいえ、亡くなってから10年も経った後の6ヶ月

 

は意外にすぐに経ってしまいます

 

 

 

遺留分は,

 

そもそも複雑で難しい手続

 

です。

 

 

 

遺留分が明らかになったらすぐに専門家に相談しましょう。

 

弁護士野澤は遺留分につき,いつでもご相談に応じています。

 

 >>弁護士野澤の相続問題に関する情報はこちら

 

 遺留分に関する以下のブログも是非ご覧ください。

 

 「遺留分」 

 

→ 「遺留分の生前の放棄」

 

 「事業承継における遺留分の注意点」

 

 

 

電話 045-663-6933

メールアドレス nozawa@shiminsogo-lo.gr.jp

投稿者: 弁護士 野澤哲也

ご予約はこちらから

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート