2015.08.29更新

 労災と認められると,国からお金をもらうことができますが,たとえば,休業補償の場合には,直前の給料の8割程度であり,全てを賄ってくれるわけではありません。

 

 また,仕事を理由に怪我や病気をした場合には,会社に対して慰謝料を請求することもできますが,労災では慰謝料まで支払ってはくれません。

 

 労災というのは,勤務中に怪我や病気をした場合に,最低の補償を国が認めるための制度だからです。

 

 では,足りない部分はどうすればよいか。会社に損害賠償金として請求することになります。この場合には,会社が勤務中に怪我や病気をしたことについて落ち度がなければなりませんが,それが認められれば,慰謝料のほか,将来働けなくなった分の減収分なども請求することができます。

 

 損害賠償額の計算は複雑ですので、詳細については、一度弁護士に直接ご相談ください。

 

>>弁護士野澤の労働問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.08.28更新

 労災申請は,労災申請書に,医師の証明と勤務先の証明をつけて,提出することになっています。

 

 しかし,医師の証明はまだしも,勤務中にした怪我や病気について,勤務先の会社が証明を拒否することは少なくありません。会社としては,仕事が原因の怪我や病気であるとはなかなか認めたがりません。

 

 それなのに,会社の証明がないと労災申請が労基署で受理されないとなってしまうと,怪我や病気をした人は,いつまで経っても労災申請できなくなってしまいます。

 

 こんなときは,労基署は「会社から証明がもらえない事情」を説明することで申請を受理してくれます。労基署も,できれば会社の証明を事前にもらってほしいので,大っぴらに会社の証明がなくてもよいとは言いませんが,どうしても会社が協力してくれないのであれば,受理してくれ,労基署から会社に連絡してくれます。

 

 会社がどうしても協力してくれない場合には,このような対応が必要です。

 

>>弁護士野澤の労働問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.08.27更新

 労働者が,通勤中に怪我をしたり,また仕事が原因となって,事故や病気になった場合,労災として,国から支給を受けることができます。

 

 支給されるのは,主に療養補償(治療費),休業補償,障害補償,遺族補償などです。それぞれ,支給される金額が定められており,いずれも労働基準監督署に労災の認定申請を行い,認められると支給を受けることができます。

 

 長時間労働やセクハラ,パワハラがあったことが原因で,うつ病などの精神疾患になったときにも認定を受けることができます。

 

 単純な怪我の場合には,分かりやすくて,認定を受けるのも難しくありませんが,病気の場合には,業務との関係性が問題になり,認定を受けるのが大変ですので,弁護士へ是非ご相談ください。

 

 なお、労災を取り扱う労働基準監督署は、神奈川県内にいくつかあり、横浜市だけでも4箇所に存在します。

 基本的には勤務地を管轄する監督署に申請することになります。

 

>>弁護士野澤の労働問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也

ご予約はこちらから

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート