2016.07.31更新

「このたび交通事故で大きな怪我をしてしまいました。

 

相手も自分も任意保険に入っていましたが,

 

相手の保険会社は,

 

専ら私に過失があると言って,

 

保険金の支払いに応じません。

 

そこで自賠責保険に被害者として請求したところ,

 

自賠責は私に重過失があるとして,

 

支払に応じてくれません。

 

私は自賠責からも支払を受けられないのでしょうか。」

 

 

 

自賠責保険は,

 

相手側に過失がある場合に,

 

相手の任意保険に頼らずに,

 

賠償金の一部を支払ってもらうための制度です。

 

ですから,基本的に,

 

相手に過失がなく,

 

任がない場合は保険金の対象とはなりません

 

 

 

→ 「相手方に責任がない場合の自賠責保険」 はコチラ

 

 

 

そして,

 

相手に過失があっても,自

 

分に重大な過失,重過失がある場合も,

 

自賠責保険は支給されないことになっています。

 

相手に責任がない場合と同様,

 

相手に対する損害賠償請求が認められない可能性があるからです。

 

ですから,

 

自分に重過失があると,

 

任意保険からも自賠責からも保険金を受け取れなくなり,

 

裁判などで相手に費用を請求するしかなくなります

 

 

 

こうなると,裁判を通して,

 

自分は過失が少なく,

 

相手の大きな過失によって怪我をしたことを主張しなければなりません。

 

ここは証拠をどのように集めるか

 

裁判所にどのように自分の主張を認めて貰うか

 

そのような対策が必要となります。

 

これは弁護士にしかできません

 

 

 

当事務所では,このような場合の裁判対応を取り扱っております。

 

自賠責や相手の任意保険会社から保険金の支払いを拒絶された場合には,

 

弁護士野澤にお気軽にご相談ください

 

  >>弁護士野澤の交通事故問題に関する情報はこちら

 

お問い合わせはコチラから

 

電話 045-663-6933

 

メールアドレス nozawa@shiminsogo-lo.gr.jp

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2016.07.30更新

「私の父は高齢ですが,

 

一人でも外出できるので,よく一人で外出しますが,

 

今回,歩いている途中でバランスを崩して,

 

バスに轢かれて死亡しました。

 

バスの運転手の話では,

 

事前に運転手は私の父に気づいていたようで,

 

ただ転倒の瞬間は見ておらず,

 

気づかず轢いてしまったということです。

 

このたび自賠責保険に被害者として保険金の請求をしましたが,

 

運転手に過失がないとして不支給となりました。

 

これは仕方ないのでしょうか」

 

 

 

自動車賠償責任保険,通称「自賠責保険」は,

 

自動車による交通事故が起きた場合に,

 

被害者に保険金を払う制度です。

 

この保険金は,

 

交通事故が起きた場合に,

 

加害者の責任を一部先払いする制度です。

 

ですから,自賠責保険を支払う場合には,

 

加害者に責任があることが前提になります。

 

加害者に責任がなければ,

 

自賠責保険は適用できないのです。

 

 

 

本件では,

 

高齢のお父さんがバスに轢かれてしまったということですが,

 

バスが適正な運転をしているのに,

 

万が一,お父さんが道路を横切ったりして,

 

それがきっかけで事故になってしまった場合には,

 

バスの運転手に過失がなく責任がない,

 

という結果もありえます。

 

そうなると,残念ながら,

 

いくらお父さんが亡くなってしまわれても,

 

自賠責保険は支払われなくなります。

 

 

 

しかし,

 

人が1人亡くなっていて,

 

全くバスの運転手に責任がないとは

 

そう簡単に断言できるものではありません。

 

そのような場合に,

 

バスの運転手の責任を追求するのが弁護士の仕事です。

 

 

 

交通事故で被害に遭われた方のご相談にも積極的に伺っております。

 

お気軽に弁護士野澤にご相談ください。

 

  >>弁護士野澤の交通事故問題に関する情報はこちら

 

お問い合わせはコチラから

 

電話 045-663-6933

 

メールアドレス nozawa@shiminsogo-lo.gr.jp

 

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.11.29更新

 交通事故で怪我をして,相手の自動車保険で治療を受けているけど,

 いつまで治療費を支払ってもらえるんだろう。

 

 骨折をしていたり,レントゲンで明らかに異常が分かる場合には,

 その異常がなくなるまで

 治療費は自動車保険で支払ってもらえます。

 

 しかし,むち打ち症の場合は,レントゲンなどの画像で異常が出ません。

 極端に言えば,「本人が痛いと言っている」状況です。そういう場合には,何か他の人でも分かる基準で「どのくらい痛いか」を把握する必要があります。

 

 その方法の一つが,医師による検査です。

 スパーリングテストなどの手法があります。それを医師に依頼して,結果を保険会社に示します。

 

 もう一つが,交通事故によって,どのくらいの衝撃を身体に受けたかです。

 自動車と身体が直接接触したのか。

 自分が自動車に乗っていて,後ろから追突されたのか。

 そのとき自動車はどのくらい凹んだのか

 このような衝撃によっても,身体の痛みは「想像」できます。

 このような情報を上手く保険会社に説明して,少しでも長く治療費を支払ってもらえるようにします。

 

 交通事故の内容により,状況は様々です。具体的にどのように説明すればよいか,是非ご相談ください。

>>弁護士野澤の交通事故問題に関する情報はこちら

 

電話 045-663-6933

メールアドレス nozawa@shiminsogo-lo.gr.jp

弁護士野澤哲也 宛にご連絡ください

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.07.30更新

 自動車による交通事故の場合には,加害者が大半加入している任意保険を使って,被害者に賠償金が支払われますが,自転車による事故の場合には,未だ専用の保険が流通していないこともあり,賠償金の確保が課題になります。

 

 一般的に,加害者が自転車賠償保険に加入していない場合,加害者が「個人賠償責任保険」に加入していないかを検討します。個人賠償責任保険は,自宅の火災保険などの「付帯保険」として加入するケースが多く,契約者本人が認識していないケースも多々見受けられます。

 

 自転車事故であっても,近時被害状況によっては1億円程度の損害賠償金が発生する場合もあります。自転車を利用される方,特にお子さんが自転車をよく利用する場合には,自転車保険の加入を検討していただくべきです。

 

 もし自転車保険に加入しないまま事故が起きた場合には,ご自身の加入保険を取り扱っている保険会社や保険代理店に連絡して,個人賠償責任保険など利用できる保険がないか確認をしましょう。

 


>>弁護士野澤の交通事故問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.07.29更新

 交通事故の損害賠償は,事故が起きた日の翌日から3年を経過すると請求できなくなります。事故が起きた日にすぐ加害者がどこの誰か分からない場合(ひき逃げなどの場合)には,その加害者を知った日の翌日から3年になります。

 

 事故当時には分からなかった後遺障害が生じた場合には,障害が症状固定した日の翌日から3年となります。

 

 加害者が任意保険に加入している場合などで保険会社に請求するときも同様です。

 

>>弁護士野澤の交通事故問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.07.25更新

 交通事故の場合,加害者と被害者のどちらがどれだけ悪いかを考えることになります。これを過失割合といいます。

 

 たまに相談者から伺う話では,保険会社から「自分が止まっていない限り,自分の過失は0にはならない」と言われるということがあります。

 

 これは極端ではありますが,そのような傾向はあります。

 

 たとえば,片道2車線道路で,走行車線を運転していたら,追い越し車線から車が進路変更で前に出ようとして,ぶつかってしまった場合,相手の確認義務の違反は明らかですが,こちらの過失が0とは言い切れず,1割から3割程度認められてしまう可能性があります。

 

 過失割合の考え方には,細かいルールがありますので,個別にご相談ください。

 

>>弁護士野澤の交通事故問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.07.24更新

 交通事故に遭うと,むち打ち症という症状になることがあります。診断書では「頸椎捻挫」と書かれることが多く,要は首の痛みです。

 

 しかし,このむち打ち症は,自分でどれだけ酷い痛みだと思っていても,レントゲンやMRIなどの画像では異常が出ないため,後遺障害と認定を受けるためには,医者の裏付け意見が必要になります。医者にそれなりのテストをしてもらい,神経学的所見を出してもらう必要があります。

 

 詳しくは,ご相談ください。

 


>>弁護士野澤の交通事故問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.07.19更新

 自動車をお持ちの方は,たいてい自賠責保険のほかに,自動車保険に加入をしていらっしゃいませんか?これ主に自分が交通事故の加害者になってしまった場合などで使う保険です。

 

 しかし,このような自動車保険は,契約内容をよく見ると,「弁護士特約」というオプションがついている場合があります。この特約は,自分が加害者のときではなく,自分が事故の「被害者」になったときに利用できます。

 

 加害者は,事故が起きても,たいてい保険会社が被害者と交渉してくれますが,被害者の場合には,原則自分で加害者と交渉しなければなりません。そのときに専門家の弁護士に相談・依頼する際の費用を出してくれるのが,弁護士特約です。

 

 いつ事故が起こるかわからない。そのための保険です。是非一度ご自身の自動車保険の契約内容を確認し,弁護士特約が付いていなかったら,加入をご検討ください。保険料もそれほど高くありませんし,多くの方が事故が起きた後に,弁護士特約に入っていればよかったと仰っています。

 

>>弁護士野澤の交通事故問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.04.16更新

随時解決事例を掲載してまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

投稿者: 弁護士 野澤哲也

ご予約はこちらから

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート