2016.02.07更新

「消費生活センターの方と相談したら、相手の会社に内容証明郵便で送って下さい、と言われました。なぜ内容証明郵便なんですか?どうやって出すんですか?」

 

 我々弁護士も、大切なメッセージを送るときは内容証明郵便で送って下さいと言います。

 普通の郵便物より高いですが、それだけの意味があります。

 

 たとえば、訪問販売で高い商品を買ったけど、よく考えたら勘違いで買ってしまったものだった。

 こういうときはクーリングオフができる可能性があります。

 このクーリングオフは、法律に基づく手続で、相手の会社にきちんと知らせる必要があります。

 そんなとき、普通郵便で「クーリングオフします」と書いて手紙を送って、相手から「受け取っていません」と言われたら、どうなってしまうでしょう。

 クーリングオフには期限があります。

 それを超えてからこんなことを言われても、郵便を相手が受け取った証拠はありません。

 クーリングオフをしていないことになってしまいます。

 

 こんなことを防ぐために内容証明郵便があります。

 内容証明郵便は,あなたが誰々にこんな内容の郵便を送ったことを第三者として証明してくれます

 ですから,もし,クーリングオフの通知を内容証明郵便で送っていれば,仮に相手が「知らない」と言っても,郵便局がそれを証明してくれるのでめでたし,ということになります。

 クーリングオフのほか,相手にお金を請求する場合などにも使います。

 

 内容証明郵便は形式が決まっています。

 詳しくは郵便局のHP【ご利用の条件等】ご覧ください。

 

 今回はお役立ち豆知識でした。

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.09.05更新

 前回,裁判所の種類を,「どんな事件か」で,家庭裁判所,簡易裁判所,地方裁判所に分けましたが,さらに,「どこの場所か」で分けられます。

 

 神奈川県内には,大きく分けて,5つの地方裁判所・家庭裁判所があります。横浜,川崎,相模原,横須賀,小田原です。神奈川県内の場合,必ずこの5カ所に分類されます。

 簡易裁判所はさらに細かく分類があります。

 

 例を挙げると,川崎市内はすべて川崎の裁判所になります。横浜市,鎌倉市,藤沢市,茅ヶ崎市,海老名市,大和市などが横浜の裁判所,相模原市と座間市が相模原の裁判所,横須賀市,三浦市などが横須賀の裁判所,小田原市や平塚市,厚木市,箱根などは小田原の裁判所になります。

 

 事件の当事者や不動産の所在地で場所が判断されることになります。例えば,ご本人が横浜市在住だからといって,その方が訴える事件がすべて横浜の裁判所になるわけではありません。事件事に,何を基準に場所を決めるかは異なります。詳細はお問い合わせください。

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.09.04更新

 裁判所は,神奈川県内に何種類かありますが,どの裁判所で手続を取ればよいのか,それは大きく分けて,①どんな事件か,②どこの場所か,によって異なります。

 

 まず①どんな事件かで手続を取る裁判所が異なります。

 

 家庭に関すること,主に離婚,相続,後見などの手続は,家庭裁判所で行うことになります。

  家庭に関する事以外の請求は,請求する金額が140万円より少ない場合には,簡易裁判所で手続を行います。

 

 家庭に関わる事以外の請求で,請求する金額が140万円以上の場合には,すべて地方裁判所で手続を行います。

 

 明確に「いくら」と言えないような事件(たとえば不動産)の場合や金額に表すことができない事件の場合には,それぞれ金額を決めるためのルールがありますので,詳しくはお問い合わせください。

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.07.18更新

 当事務所は,横浜市庁舎と神奈川県庁の真ん中,横浜公園脇にございます。最寄り駅は,京浜東北根岸線及び横浜市営地下鉄線の「関内」駅,もしくはみなとみらい線の「日本大通」駅となります。いずれも当事務所まで,徒歩5分程度です。

 

 お車でのご来所も可能です。

 お車の場合,当事務所のビル駐車場か近隣にも多数の駐車場がございますので,そちらをご利用下さい。

 

 不明な点はお問い合わせください。

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.05.29更新

 私は,ご相談者,ご依頼者様のプライベートな問題をお取扱いしているという明確な認識の下,お客様が安心してご相談をしていただけるよう,守秘義務を徹底し,個人情報の取り扱いには細心の注意を払っております。

 

 当事務所ではプライバシーポリシーも設定しております。詳細は,

http://www.shiminsogo-lo.gr.jp/privacypolicy/

↑をご確認ください

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.05.28更新

 弁護士費用は,相談料以外の部分は,必ず事前に詳細をご説明し,ご希望があれば書面にて見積書もお出ししています。正式に手続をお引き受けする際には,書面による合意書を作成して,費用を明確に定めます。

 

 また,費用のお支払いについては,ご事情に合わせて,分割払いは後払いなど柔軟に対応させていただきますので,お申し付けください。

 

 なお,着手金の最低額は10万円(税別)となっております。

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.05.27更新

 当事務所の電話受付時間は午前9時から午後5時までとなっておりますが,それ以外の時間帯では,留守番電話になりますので,①お名前,②野澤のHPを見たこと,③電話番号をお話しいただければ,翌日までには当方からご連絡をさせていただきます。

 

 また,メールでも相談のご希望を伺っておりますので,ページ上部の「問い合わせ」またはトップページ下部のメールアドレスからお気軽にご連絡ください。翌日までには折り返しご連絡を差し上げます。

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.05.26更新

当ホームページをご覧いただき,誠にありがとうございます。

 

私は,弁護士として,皆様のすぐ身近な存在としてお役に立ちたい,ご質問にお答えしたいという思いのもと,このホームページを作成しました。

 

弁護士という言葉から考えてしまうと,「弁護士なんてトラブルが起きないと使わないもの」と考えてしまったり,「こんな質問,弁護士にしてよいのか」という疑問になってしまうかもしれません。

 

しかし,ここは発想を変えて,「こんなことで悩んでいるけど聞く人が分からない。」「そうだ,とりあえず弁護士に相談しよう」と思っていいただきたいと願っています。

 

お金,家族,家,生活,事故,仕事,事業,地域,どんなことでも構いません。医者に相談することでなければ,それがどんな問題であれ,それはどうすれば解決できるか,誰に相談すればよいか,皆様のお悩みに道筋をお示しします。

 

初回30分のご相談は無料です。どうぞお気軽にご連絡ください。

投稿者: 弁護士 野澤哲也

2015.04.16更新

よくある質問は、こちらに随時掲載し回答してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

投稿者: 弁護士 野澤哲也

ご予約はこちらから

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート