2016.02.07更新

「消費生活センターの方と相談したら、相手の会社に内容証明郵便で送って下さい、と言われました。なぜ内容証明郵便なんですか?どうやって出すんですか?」

 

 我々弁護士も、大切なメッセージを送るときは内容証明郵便で送って下さいと言います。

 普通の郵便物より高いですが、それだけの意味があります。

 

 たとえば、訪問販売で高い商品を買ったけど、よく考えたら勘違いで買ってしまったものだった。

 こういうときはクーリングオフができる可能性があります。

 このクーリングオフは、法律に基づく手続で、相手の会社にきちんと知らせる必要があります。

 そんなとき、普通郵便で「クーリングオフします」と書いて手紙を送って、相手から「受け取っていません」と言われたら、どうなってしまうでしょう。

 クーリングオフには期限があります。

 それを超えてからこんなことを言われても、郵便を相手が受け取った証拠はありません。

 クーリングオフをしていないことになってしまいます。

 

 こんなことを防ぐために内容証明郵便があります。

 内容証明郵便は,あなたが誰々にこんな内容の郵便を送ったことを第三者として証明してくれます

 ですから,もし,クーリングオフの通知を内容証明郵便で送っていれば,仮に相手が「知らない」と言っても,郵便局がそれを証明してくれるのでめでたし,ということになります。

 クーリングオフのほか,相手にお金を請求する場合などにも使います。

 

 内容証明郵便は形式が決まっています。

 詳しくは郵便局のHP【ご利用の条件等】ご覧ください。

 

 今回はお役立ち豆知識でした。

投稿者: 弁護士 野澤哲也

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

ご予約はこちらから

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート