2015.06.22更新

 残業代は,その支払いが確実になされなければならず,支払う場合,その内容が残業代であると明確に分かる必要があります。

 

 役職手当という名前でも,その額が残業代としての内容となっていれば問題はありませんが,実際には,そのようなことは珍しいです。多くの場合は,「その役職に就いていることについて一律に支払われる」もので,正確な残業代を反映していません。

 

 これでは残業代を支払ったことにはならず,その場合は残業代を別途全額請求できることになります。

 

>>弁護士野澤の労働問題に関する情報はこちら

投稿者: 弁護士 野澤哲也

ご予約はこちらから

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート