債務整理

こんなお悩みはありませんか?

借金を返しきれなくて困っている
破産と聞くと、人生が終わったような印象があるが、実際はどうなのか
過払い金が発生しているかどうか、確認してほしい
日々の生活のために、毎月の返済額を減らしたい
借金が返せないが、マイホームだけは手放したくない

当事務所へ依頼するメリット

債権者との交渉が必要な場合は、ご依頼者の希望を伺った上で、相手方にもメリットのある着地点を模索します。法的手続きを進めるのであれば、将来や返済中の生活設計を考慮した上で、最適な方法をご提示いたします。

早めのご相談が重要です

悩んでいる間にも、利息分は上乗せされていきます。返済が不可能となる前に、「無理をしない方法」を検討していきましょう。また、過払い金の返還請求には時効があります。早く動けば動くほど、得られるメリットは大きくなります。

債務整理の方法

借金を減らす方法としては、以下の3通りが代表的です。

1.任意整理

弁護士が債権者に対し、期日の繰り延べや利息分のカットなど、ご依頼者に有利な条件を交渉します。ただし、法的な裏付けが伴わないため、強制力がありません。

2.個人再生

返済可能なプランを裁判所に認めてもらい、3年程度滞りなく実行できると、住宅ローン以外の債務が減免される制度です。自宅を残したい方には有利な方法です。

3.自己破産

裁判所にすべての債務を免除してもらう方法です。意外と思われるかもしれませんが、破産の際に、手持ちの資産は最小の範囲で認められます。また、破産の事実が戸籍に残ることもありませんので、思っているより負担はありません。
頑張っても返済できないのであれば、体に無理をきたすより、戦略的に選んでみてはいかがでしょうか。誰でも利用できる制度ですので、恥ずかしい思いをする必要はありません。なお、税金や養育費、損害賠償義務など一部免除できない債務もあります。

過払い金の返還

専門的な知見を持つ弁護士が、ご依頼者の実情を詳しく調べ、具体的なアドバイスをお示しします。まずはご相談ください。

最近の傾向として、各貸金業者が防衛策を打ち出して来るようになりました。契約内容によって様々な形態があります。詳しくは、お問い合わせください。

ケーススタディ

ご相談内容

過払い金を請求したい。過去に業者との間で、そうとは知らずに「過払い金がない」という内容の書面を取り交わしてしまった。先方は、「和解が成立している」と言い張って、相手にしてくれない。

当事務所の対応

違法性を理由にサラ金業者へ交渉を開始したところ、契約書面を理由に過払い金の支払を拒否。そこで裁判所の判断を仰いだところ、和解が無効となり、過払い金が支払われた。

ポイント

「業者と個別に結んだ和解は有効なのか」というケースです。この問題については、裁判所ごとに判断が分かれ、明確な基準が示されていません。契約書の内容や和解の経緯などを詳しく伺った上で、適切な行動を取る必要があります。

その他のケーススタディはこちら

自分で業者と和解をしたら,過払い金は請求できない?

過払い金の時効消滅

借金の時効による消滅

破産をすると会社や知人にすぐ知られてしまう?

破産のリスク

破産しても消えない債務

破産が認められない場合

 

Q&A

Q

破産をすると、友達や会社に分かってしまって、生活しづらくなりませんか?

A

ご心配は無用です。
破産をしても、すぐに友達や会社へ知られてしまうわけではありません。
詳しくはお問い合わせください。

その他の債務整理Q&Aはこちら>>

ご予約はこちらから

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート