交通事故

交通事故問題についてこんなお悩みはありませんか?

保険会社からの提示額が思ったより低い、こんなものなのか
身体に痛みが残っているのに、後遺障害が認められなかった
相手が一方的に悪いのに、自分の過失を認めなくてはならないのか
相手の印象が悪く、直接話し合いたくない
けがをしたが、慰謝料の基準が分からず、何をどうすればいいのか

当事務所へ依頼するメリット

一般的に保険会社は、損害算定を割り引いてくる傾向があります。また、慰謝料に対する納得度合いも、人それぞれでしょう。弁護士は、保険商品とは別の「裁判基準」を用いて、可能な限りの好条件を引き出します。

早めのご相談が重要です

人の記憶は、時間と共に薄れていきます。明確な主張をしたいのであれば、肝心なことを忘れないうちに動くようにしましょう。また、各種申立には期限があることにご注意ください。

交通事故に遭った場合の対処

まずは警察に連絡し、事故の処理を済ませてください。この手続きを経ないと、保険が降りない場合もございます。万が一のことを考え、相手の連絡先も控えるようにしましょう。また、安全が確保できたら、事故の状況を写真に収めておくと、後々有利な証拠となる場合がございます。

また、けがを追った場合にも、その様子を写真で残すようにしてください。傷やあざなどは、時間と共に治ってしまうからです。医療機関の診察を受けた場合は、診断書があれば、後々の証拠になります。医師から取り寄せるようにしてください。

示談交渉について

保険会社の提示内容に不満がある場合、弁護士が代理人として交渉いたします。その際に目安となるのが、過去における判例です。仮に法廷で争った場合の見通しを示せれば、根拠のある折衝を行うことができるでしょう。もちろんご依頼者には、あらかじめ詳細をご説明いたします。

後遺障害等級について

後遺症が認められるかどうかは、治療費を大きく左右しますので、きわめて重要な問題です。当事務所では、ご依頼者の担当医と面会し、法廷で有力な根拠となるような診断書を依頼します。学術書のような内容になったり、「所見なし」で片付けられたりすると、法的な根拠が示せなくなるからです。

調停・訴訟について

調停は、加害者側が任意保険に加入していない場合などを除き、ほとんど用いられることはありません。譲れない主張をお持ちであれば、訴訟手続きを進めることになります。ただし、長期化する傾向がありますので、その間の治療費を心配される方もいらっしゃるでしょう。当事務所にご相談いただければ、各種費用制度のアドバイスもいたします。

弁護士特約について

特約が付帯されていれば、弁護士費用についての心配はご無用です。保険会社が負担します。最近の保険商品にはほとんど付いていますが、念のためご確認いただくことをお勧めします。もし選択していないのであれば、この機に検討されてみてはいかがでしょうか。

ケーススタディ

ご相談内容

交通事故後、肩がほとんど上がらなくなってしまったので、医師の診断を受けた。その結果を保険会社に伝えたところ、レントゲンやMRIなどの画像上問題ないとして、後遺障害が認められなかった。とても納得できない。

当事務所の対応

主治医に直接確認したところ、骨にわずかな変形があり、それは事故による可能性が高く、画像から肩が上がらない原因を指摘できるとのこと。どうやら、保険会社へ肝心な部分が伝わっていないようだった。そこで、それを元に後遺障害等級の異議申立を行ったところ、主張が認められた。

ポイント

後遺障害を認定する際には、主治医が書いた診断書やレントゲン画像などの資料だけが、判断材料となります。不十分さを感じる場合、直接医師から事情を聞き、有益な情報を引き出すための工夫が求められるでしょう。

 

その他のケーススタディはこちら

交通事故で自賠責保険が支給されない場合(被害者の重過失)

交通事故が起きても自賠責保険が支給されない(加害者の無過失)

交通事故において,保険でカバーしてもらえる治療期間

自転車事故と保険

交通事故の損害賠償金の請求期限

交通事故の被害者側の過失

むち打ちと後遺障害の認定

交通事故で被害を受けたら,弁護士費用特約を使う

Q&A

Q

主婦ですが、怪我をしたことで家事に支障が出ました。補償してもらえるのでしょうか?

A

お金で補償してもらえます。家事も「大切な仕事」と考えられるからです。

その他の交通事故Q&Aはこちら>>

ご予約はこちらから

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート

新着情報

一覧へ >
2017/01/16NEW
野澤・中野法律事務所を新設しました。
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/12/27NEW
年末年始休業のお知らせ
2015/04/16NEW
Webサイトをリニューアルいたしました。
  • 解決事例 ケーススタディ 離婚・相続・債務整理 交通事故・労働問題 etc
  • よくある質問 Q&A 離婚・相続・労働問題 債務整理交通事故 etc
  • はじめての法律相談 弁護士に相談するのが初めてで不安な方はこちら。
  • 法務ノート